スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごぶさたです!!

本当に本当にお久しぶりです!

ご心配してくださった方々、御返事すらできず申し訳ないです…

最後の更新になってしまった記事が母の病状を伝えるものとなってしまったため、母に万が一のことがあったのではと思われた方もいらっしゃったようで重ね重ねごめんなさい。

幸い母の手術はうまくいき、退院も早く、幸運なことに倒れる前と変わらぬ日常生活を送っています


私たち家族はといえば…

4月からりんりくは保育園生となりました。
機会があれば記事にしたいのですが、4月にりんが肺炎で入院するという騒ぎがあり、私の職場復帰も5月半ばまでずれこんでしまいました。

で、

『できるところまで頑張ってみよう!』

という信念のもと仕事を再開したわけですがやはり大変なこと多く、子供もそうですが(夫はこれ以上無いくらい家事に育児に協力してくれますがそれでも)疲れからか私もしょっちゅう体調を崩したり…

決してパソコンを開く時間すらなかったという訳ではないのですがあれよあれよと気がつけばりんりくは2歳4カ月になってしまいました

実は今週は、復帰以来初めての長期休暇でゆっくりしております。
年末に終わらなかった大掃除をしたり、平日にしかできない用を済ませたり、と忙しいですが。
(申し訳ないけどりんりくには保育園に行ってもらってます…)

「そういえばブログも放置したままだった

と今更ですが気づいた次第です。


今年は、たま~にでも更新したいですね~

目標は月一以上、ということで…


ただ、もし順調に更新できるようならば、ブログのお引越しをしようかな、とも思ってます。
りんりくも大きくなってきたし、いつまでも実名+顔写真を晒しているのも問題かな、と…。



あたちたち元気だよ☆彡
004.jpg
(お風呂上り 得意のダンス中♬)



おいらもいっぱい喋れるようになったよ~
003.jpg
(りんちゃんの髪を結んでると、必ず自分も!と言って寄ってきます。何のテレビ番組だかわからないけど、こんな頭した「天才」はいないだろうな
スポンサーサイト

まさかの事態

月曜日、実家の母がくも膜下出血で急遽入院し翌日の火曜に手術を受けました。

まだ50代、これまで大病を患った事の無い元気な母でしたし、私もあれこれと頼りにしている大切な存在なので今回の急な病にショックを受けました。


さすがに手術の日は夫に仕事を休んでもらい子供達を託して私も病院で待機したのですが、そう何日も休ませるわけにはいかず、私は火曜深夜に自宅に戻って以降様子を見に行かれないので心配な気持ちと申し訳なさでこの数日は歯がゆくて悶々とした時間を過ごしてきました。

子供が小さいうちは自分の思い通りに動けない、それは仕方の無いこと。
そうやって割り切りたいけど、でもこういう事態においてはやはり辛いし悲しい。


幸い手術は成功し術後の経過も良いらしく、順調に回復しているそうです。
今のところ後遺症や問題は見つかっていないとのこと。
しっかり話もできるし食事も開始したと聞いています。
まだ手放しで喜べる段階ではないですが、私も胸をなでおろしています。


ようやく明日、母に会いに行かれます!
(夫は子供達を連れて実家へ帰り、義両親とともにみてくれる予定です)

父のためにも実家の家事を多少はしたいし、やはり平日手伝うのは難しいのでその代わりにこの三連休はしっかり働いてこようと思います。

とにかく今は私にできることを精一杯やるしかないですよね。

1歳6ヶ月健診

今日は私一人で1歳6ヶ月健診を受けに小児科へ。

うちの市では、まず各自小児科で個別健診を受け、後日その結果を持参し集団で歯科検診と問診等があるという、2部構成なのです。

私には健康状態として特に二人とも気になる点はなく、計測後一通り体と反応を見たかかりつけ医も

「問題なし

と太鼓判。

その上で「何かある?」と訊ねられたので

「言葉が出ません」と相談してみました。


すると、りくたんがその診察室にあるアンパンマンの絵を指差して『あんまんまん』と言ったことから

「アンパンマンって言えてるじゃない、充分だよ!
これ以上は贅沢ってもんだよ。心配ない!」

と言われてしまいました。

そんなもんなんですかね~
ママもパパもワンワンもなく、あやしい『アンパンマン』もどきが言えるってだけで充分だなんて、ビックリ
ていうかこんな『あんわんわんわん』『ばんまんまん』と、言うたびにちょっとずつ違う発音をしてるような段階で「言えてる」っていえるんですかね!?

早い子と比べても仕方ないけど、一般的には1歳半だと複数の単語が出ていても全くおかしくないし中には2語文が話せちゃったりする子もいますよね…。”大丈夫”な幅が広いってことなのかなあ。

でもその先生の事は信頼しているので、集団健診を恐れる気持ちは少し楽になりました

市から指定されている集団検診の日はまだ先なので、それまでに『アンパンマン』が完成してるかな


画像 682-1
あたちこの中が一番落ち着くの




余談ですが、今日初めて子供を乗せて私一人で運転しました

保育園が決まってからというもの車で出かける際は必ず私が運転して練習をしてきたとはいえ、助手席の夫にかなり頼らないと不安で到底一人では…という感じでした

小児科は徒歩で行かれる距離にあり(25分位かかりますが、私は歩くのは苦じゃないので片道1時間くらいまでなら平気です)、天気も悪くなかったので前日まではいつものようにベビーカーで行くつもりでした。

それなのにどういうわけか朝になったら「そうか、車で行けば良いんだ」と気が変わり、思い切って行ってしまいました。

かなり怖かったけど何とか駐車場にも停められたし無事に帰ってこられて本当に良かったです…
時間的には短縮できたものの、神経の磨り減り方が半端じゃなかったので帰ってきたらドッと疲れが

4月からは毎日送迎に車に乗らなきゃいけないと思うと、気が重いですねぇ


早く緊張せずに乗りこなせるようになりたいものです




肺炎球菌の予防接種

先日記事にしましたが、今日肺炎球菌ワクチンの予防接種に行ってきました

9500円×2人分というのは痛いけど、どうせなら早めに打ちたかったので。

60日後以降に2回目を打つことになります。忘れないようにしなきゃ




髪切りました~
画像 676-1
りくたんはバリカンでバッサリ。

画像 677-1
りんちゃんはスキばさみでおそるおそる。

保育園の説明会

4月から通う保育園の説明会でした。
全体的な雰囲気は悪くなかったので、いろいろ考えるところはありますが何とかうまく付き合っていきたいです。
この説明会で色々良くも悪くも驚いた点を挙げてみます。

① 思っていたより準備するものが少なくてびっくり

当然ながら着替えやオムツは必要ですが他には

○綿毛布・タオルケット
○園用布団・防災頭巾に名前を付けるための、白い布(ハガキサイズを二人分で計10枚)
○おしぼりタオル (1日3枚使用)
○食事用エプロン (1日3枚使用)形はどんなのでも可。

位なんです!

タオルもエプロンも一時保育のために一通り用意したので少し買い足せば済みます。
同じく綿毛布も一時保育用に買ってあったのです。

布団はカバーも含めて園で用意されるので、もしカバーの洗い替えが必要なら各自市販のを買うか自作してね、とのこと。一般に「お昼寝ふとん」と売られているものより相当大きいので、なかなか良いサイズが市販されていないのでこれはまだ保留中
あとは、週末に干すために持って帰る用に大きなバッグを用意。

なんと服には制限がなくて、フード付きでもスカートでもOKっていうのにまたまた驚き
てっきりダメって言われるものと思ってました。
おかげでそれほど一気に数を揃えなくても大丈夫そうです
「着替えがしやすいもの」とだけ言われました。

あ、でも下着だけは、ずっとロンパースを着せていたので今回Tシャツタイプを買い込みました。
(ダメと言われたわけではないのですがやっぱり洋服のほうも上下分かれたものにするし、トイトレが始まったらロンパースは使えませんし)

どうやら、そういった決まりは非常にゆる~い園らしいです。

ヨコミネ式を導入しているようなお勉強系保育園なのにすごく意外…




② 担任の保育士さんが頼りなくてびっくり

若い(多分20代)女性の保育士さんでした。

面談の時間もあったのですが、私が手帳いっぱいに質問事項を用意して立て続けにあれこれ聞いたことに面食らった様子…(だっていろいろ知りたい事が多くて

何を聞いてもあいまいというか自信なさげであまりハッキリと答えてもらえない項目が多く、優しそうで決して感じの悪い方ではなかったのですが正直「この人で大丈夫?」と思ってしまいました

うちの子達の卵アレルギーに関しても、そもそもアレルギーに対する知識が無いのがよくわかる応対だったので不安倍増です。保育園児の年代に卵アレは結構いると思っていたけど、そうでもないのでしょうか。
(例の第一希望の園ではとっても理解してもらえて、対応もソツがなかったのでつい比べてしまいました)
何かあってからでは遅いので、機会あるごとによくお話していくしかないですね


③いかにも『中小企業的』な運営にびっくり

考えてみれば、私立の保育園って数十人の職員を使っている家族経営の団体に過ぎないんだな…とこのたび実感しました
園長先生は比較的若い男性(おじさん、というほどではない)で、先代の園長(現在は「園長補佐」をしている)は母親。

いい加減というわけではないけど、一般的な営利団体とはちょっと違うからこそののんびり感、良く言えば家庭的な雰囲気
このご時世じゃ、黙ってたって入園希望者は後を絶たない。

何枚も書類に記入して提出したけど、どれもこれも手作り感満載の書式で用語の統一も図られていないし重複する項目も多い上、なぜか用紙はどれもB5判サイズ(今時A4でしょ…)

市の審査をパスして入園することから、どこもある程度の、市町村レベルの事務処理とか管理が行われているかのように勝手にイメージを抱いていたのが間違いなわけで、実際には所詮民間なんだしそれぞれの保育園独自のやりかたできっと差があるんだろうな、と思いました。

その一方で、園長先生はハイテク好きらしくHPも凝っていて、入退園管理のバーコードリーダーやら携帯での連絡システムの導入など積極的みたいです。休みや延長保育の申し込みの連絡なんかも携帯でOKとか。
新しいものと古いものが混在、という状況にみえました。








でも、上記の①~③なんかよりよっぽど驚愕したのが


慣らし保育無し 

です

前もってリサーチ不足の私に非があるのですが、まさか入園式翌日から一日フルで預けて良いなんて…

当然あるものと思っていたので、復帰の時期を4月下旬で会社に了解してもらっていました。
多分慣らしがあったとしても2週間くらいで済むんでしょうが、初めの頃は間違いなく体調を崩して休むに違いないので市が許す復帰条件(入園の月中に育休から復帰すべし)ギリギリでお願いしたのです。
復帰後数日でゴールデンウィーク突入という、なんとも身勝手な申し出だったのですがありがたいことに受け入れてもらえました。

そんなわけでいきなり長時間預ける事もできるのですが、私は仕事に行かないんだしやはり子供にも負担になると思うので、少なくとも当初1週間くらいは半日程度でお迎えにするつもりです




…と、まあ、不安や心配は尽きませんが、説明会に行ったことで多少なりとも保育園生活のイメージは沸きました
どこまで頑張れるか分かりませんが、とりあえず仕事との両立に挑戦してみようと思います。
思いのほか保育園準備は簡単に済みそうなので、あとは自分を仕事モードにしていかなきゃ…


あ、それと入園式に着ていく服(子供と私の)に悩んでおります
例年の様子を聞いてみたら「フォーマルである必要はなく普段着で構わないけれど、記念撮影があるのでそこそこ綺麗にしてくる保護者もいる」らしいです…

つまり、いわゆるパステル系スーツなんかじゃ浮きまくりだろうけどかといって散歩に出るような格好ではないほうが無難、ということのようなので微妙です。自分だけ気合が入っているのも恥ずかしいし
子供達にも、畏まった洋服をわざわざ用意するのはもったいないけどヨレヨレでない新品(の普段着)程度で良いのかな?などと迷っているのです。









我が家はいつも子供達の食事が終わった後大人が食べるのですが、私たちが食事をしていると『とおせんぼ』の部屋から「出せ~!」と激しい要求をされる事が多いです
仕方なく出してあげてもちょろちょろされるのが嫌で結局ハイチェアに座らせるのですが、それでも十分満足らしいです。

665-1.jpg
666-1.jpg

まだおひなさま出てます。
しまうのがもったいなくて…

地方によっては旧暦の3月3日まで飾っておくという風習もあるらしいし、収納の関係もあって今度はかぶとを入れ違いに出したいのでもうしばらくこのままの予定

積めた♪

ひさびさに思い立って積み木を出してみたら、二人とも上手に複数個積めるようになってました

(これも1歳6ヶ月健診によくある項目なので気にかかってました…

近頃はずっと練習してなかったので、『手先が器用になってきて自然とそういう時期が来た』、ということなんですかねぇ。

数ヶ月前、ひたすら二人の前で積んで見せてた(積むそばから崩されるのでエンドレス)私の努力って一体…
(あまりに手ごたえが無かったので私のほうが飽きてしまったのです)

きっとこういうことって、無理やりやらせなくても成長に伴って自然とできる(興味が沸く)タイミングがあるんでしょうね…

焦ってはいけませんね


それから、おかげさまでようやくりくたんも鼻水が止まり、全快です
長かった~

お腹を壊したときにげっそり痩せてしまったりんちゃんも、少しふっくら戻ってきたような…
一安心です

画像 648-1
頭に載ってる何かが落ちるのを見て大爆笑する二人。ツボのようです。

ちょっと気がかりな

もうすぐ1歳6ヶ月健診を受ける予定のりんりくです。

二人ともまともに言葉が出ないのが、ちょっと心配のタネ…

今出てるのはせいぜい
「ハイっ」(物を渡すとき、名前を呼ばれたとき)
「дб×>※☆;○…たっ」(「ごちそうさまでした」)
「あんまんまんまん」「ばんばんば」(「あんぱんまん」何故か音節が多いときがほとんど)
…などなど。こっちの言う事は結構分かっているみたいです。

集団健診って地域差があるようですが、1歳6ヶ月健診はどこでも大抵発達について結構厳しく見るみたいで、

『保健師さんにひどい事言われてショック

みたいな書き込みを某掲示板でもよく見ます。


双子は言葉が遅いという話も聞くけど(言葉がなくても意思疎通できてしまう相方と一緒にいて不便がないから)、全ての双子が遅いわけじゃないし。

私自身2歳になるまでほとんど喋らなかったらしいので、りんりくはまだ1歳6ヶ月、もうしばらくは様子見で良いよねと思う反面、覚悟していてももし実際保健師さんに遅れをきつく指摘されたり育て方を否定されたりしたらやっぱり傷つくだろうな~と…

そんなこともあってこんな本を読んでみたり…
09311251.jpg

一日30分子供と1対1でしっかり向き合いましょう、というもの。

子供が二人以上いる場合はどうするのさ、とつっこみつつ、ナルホドという点もあるしこれは無いでしょっていう項目もあるので適当に流しつつ、月齢毎にページが分かれているので子供たちの現在の年齢の所まで読み進めました。

この本が全てとは思わないけど、私が、手のかからない(と思う)我が子達を結構放っぽらかしてるのは事実なので、ちょっと反省そりゃあ、言葉を耳にする機会や絶対量が少なけりゃ言葉も覚えにくいだろうし…と思ったわけです。

画像 657-1
『ぐるぐるどっか~ん』を上手に踊れるようになってきました

肺炎球菌ワクチンどうする?

タイトルの通りですが、先月末から接種できるようになった小児用『肺炎球菌ワクチン』。

自費だし、どうしよう…

と少々考えたものの、細菌性髄膜炎・肺炎のみならず中耳炎までも防げるとなれば、集団生活に入る前に受けておいたほうが良いのは明らかかな、と

ただ、ヒブのように「品薄で順番待ち」という事態にはならないと報道されているけれど、本当のところはどうなのか?
どうせ接種するならば早いほうが良いし

そこで一週間くらい前にかかりつけの二つの小児科に問い合わせてみたところ、揃いも揃って

『まだ入荷していません。いつ入るか分かりませんし予約の受付も未定です』

とな

数日後に、問い合わせた一方の小児科を受診した際にまた訊ねてみたら、もうすぐ予約開始するよとドクターは言ってくれたけどいつとはまだはっきりせず。

「かかりつけじゃないところにも問い合わせようか~?」

と思っていたら、今日三種混合(一期追加分)を打ってもらった小児科(↑問い合わせた、もう一方の方)でなんと取り扱いを開始していたので、あっさり来週接種の予約取れました


問題は費用ですね

1歳児だと60日以上の間隔で2回なのでうちは二人分でしめて約4万円ほどかかることに
(あっ、でもこれってあくまで一般的な金額で、予約したとき実際の金額聞くの忘れた!電話してみよう~

ほんとにもう、予防接種って高い

昨年終わりにヒブ、水疱瘡、おたふく、新型インフル、と立て続けに受けたのが本当に痛かったけど、今回もまた…
こういうことでケチりたくないから仕方ないけど

2歳になると1回で良いらしいんだけど、あと半年もあるし…
それを待ってたら『集団生活開始前』の目的が果たせなくなっちゃいますもんね。

夫と
『子供手当てじゃなくてこういうのをさっさと公費負担にしてほしいよね~
と愚痴りました

画像 639-1
おかげさまで二人はジムで仲良く(?)遊べるほど回復しました。
りくたんはまだ洟垂れ小僧ですが…


上から見た図
画像 640-1

いつの間にか踏み板を外してしまって、狭いところに二人して頭を突っ込んで出られなくなり、なぜかりくたんのみ泣いている状態。

卵アレルギーその後

近頃は、ベビーフードに少量入っている、とかパンに入っているという程度の卵は気にしなくて大丈夫になりました。ボーロも一粒ずつ増やして様子を見ていますが、10粒程度与えても問題ありません。

いわゆる卵を前面に押し出したお料理やお菓子でなければ平気になったようです

かかりつけの先生は、

『1歳6ヶ月になったらクッキーとかを少しずつ試してみて』

とおっしゃっていたのですがここしばらく体調も悪いし、加工品に含まれる程度はOKということがわかっていればそれほど日常的に困らないということもあって当分は積極的に試そうとは思っていません。
やはり症状が出てしまうのが怖いし。
(でもボーロを食べさせてる時点で十分試してるか…


今のところ卵以外にアレルゲンは見つかっていないし、成長とともに大丈夫な範囲が広がっているのは確かなようなのでこれからもっともっと食べられるようになるという期待はしています。

私は卵料理も大好きなので、いつかは家族みんなで同じご飯を食べられますように…



そうそう、当分は保育園には『医師の指示書』を提出して給食から除去してもらうことになります。
(ただ、先日一時保育の為に作成してもらった指示書をみても、完全除去まではせず加工品はというランクです。)

とはいっても、そこは子供同士のこと、除去食の子が通常食の子の給食に手を伸ばして食べてしまった…
という事故も稀にあるらしいので(保育士さんも全員をしっかり見守るのって大変でしょうね)、怖いなぁと正直思っているのですがうちの子達くらいだとどうかなぁ?

『重度で、ほんの微量でも症状が出る』という場合だともっともっと深刻でしょうしウチは比較的気が楽な方だとは思いますが、心配は尽きませんね


画像 644-1
トマト大好き
背景きったないですが見なかったことにしてください。

キッチンには入れないようにしていたんですが、料理をしている姿を見せるのも大事らしいので、最近はタイミングを見計らって入れるようにしました…(ただし一人ずつ)。

画像 638-1
コップをマスター
しかし、なんでこんな持ち方なのか?

ひなまつり

ひなまつりですね~

特別に何かすることは考えてなかったんですが、昨日「さすがに全くそれらしい雰囲気がないのも…」と思い直し、急遽子供たちのごはんを
画像 550-1
菱餅風三色押し寿司にしてみました
昼間出かけちゃったこともあり、できたのはこの程度
牛乳パックを型にしたら簡単

わかりづらいですけど上は鮭、真ん中は白ゴマ、下はほうれん草と青海苔をそれぞれ混ぜてあります。
あとはゆで野菜とキャンディチーズ、ハマグリのお吸い物(のハマグリ抜き)。

それから写真を撮り忘れたのですが義母に教えてもらったヨーグルトゼリーにフルーツを添えてデザートにしました

ちなみに大人用には、お吸い物以外は手まり寿司を買ってきたり残り物だったりと適当でしたが、昼間子守を頼んだ母がお稲荷さんを作って持ってきてくれたりして、品数多く見た目華やかになって雰囲気だけは味わえました

画像 555-1
去年着せた「着物風オール」を引っ張り出してきて着せました。
(サイズ80だったのでぴったり

画像 564-1
ついでにりくたんも。
(りくたんはかなりピッチピチ~

画像 593-1
なんか足癖悪い感じですが下は袴風のデザインです。

画像 604-1
りくたんはひなあられのパッケージ(アンパンマン様)に夢中!

画像 634-1
なかなか二人揃った良い写真撮れませんでした~

ちなみに、一年前。
画像 949-1
二人とも顔が丸い!!

生活リズム

りんちゃんも、キャハハハハ!みたいな声出して遊ぶように
すっかり完全復活です

考えてみると病気中は無言だった…すごく静かでした…

ジョイントマットも思いっきりはがすし!
ジムや滑り台に登ったり降りたり活発に!

よかった~


明日はまた一時保育の予定だったんですが、良くなったとはいえ抵抗力が落ちているだろうしまた何かもらってくるのは確実なので今回はキャンセルしました
明日はひなまつりだし、何か特別メニューだったかもしれないね~ ちょっと残念?





さて、4月から保育園に通うりんりく。
生活リズムもそれに合わせていかなくちゃ…と数ヶ月前から少しずつ気にしてはいたのですが、問題なのは二人より私だと最近痛感です

朝、夫が出社前に二人を起こしリビングに連れて行きオムツを替えるところまでやってくれます。
私は子供たちと一緒に起きるかむしろそれより遅く起き出す始末… 夫の見送りなんてまともにしてない(ゴメン)

子供たちは、多少眠そうでもごはんを出せば嫌がらずモリモリ食べてくれるし、朝が早いと当然その後のスケジュールも前倒しになるので大変良い感じです

…が、私だけついて行かれず…

夜、夫は二人を寝かしつけつつ一緒に就寝、私はその後一人の時間を満喫して夜更かし気味なのが全ての原因であることはハッキリしてるんですが、こんなことでは社会人としてやっていかれない

生活リズム矯正の必要があるのは私だけです…ダラダラ生活を反省…

画像 505-1
ファッション雑誌をチェックするりん。
『ママ、この春は花柄だって~』

画像 539-1
ソファーでくつろぐりく。

卒乳に向けて

りくたんはほぼ、卒乳です。

ほぼ、というのは、あげたりあげなかったり…にしてしまっているからです。


というのも、もともとそれほどおっぱいに執着の無かった二人。
『欲しがるそぶり』というのも特に無くて(お腹がすいて泣く、というのは当然あったけど)、でもあげれば飲む…という感じでずっときていました

もう数ヶ月前から夜寝る前に1回だけになっていた(いきなりやめても全然問題なさそうだったけど、乳腺炎回避のため)し、それも本当にちょこっと吸うだけで、寝かしつけに使うわけでもなかったのでやめるタイミングをはかっていた状態です。

夫が実家に二人を連れて行ってくれた時とか、私がうっかり忘れた時とか、飲ませなくても普通に寝ていたのではっきりいってもう不要なのは重々承知していたのですが、3人目を産む予定は無いので人生最後の授乳になるなあ、というのもあってやめるのをもったいなく感じたりもして…私の都合で続けてきてしまいました。

おっぱい飲んでるときの子供の顔って、寝顔と並んですっごく可愛いんですよね
それが見られなくなっちゃうのが寂しいなぁ…なんて。


最近はもう、りくたんにあげようとすると思いっきり手で払いのけられたりさっと膝の上から身軽に降りようとすることも度重なったので、多分彼はもう心底いらないと思っているのでしょう…

りんちゃんのほうは、りくたんよりは多少飲むけど別に飲ませない日も愚図るわけでなし、テレビの方が魅力的みたいだし大丈夫そうにみえるので近々完全にやめようと1月くらいから思っていたのに、その後二人の風邪がなかなか治らず…

体調が戻ったら、と待っているうちにもう3月

元気になったら、完全にやめよう!



とはいえ、お蔭様でぐったり顔色の悪かったりんちゃんもようやく動けるまでに回復しました
鼻は出なくなっているのでもう整腸剤だけです。

りくたんはお腹はOKなのだけど鼻水がぶり返し、たまに咳き込むようになってしまったのでもう少しかかりそうです…



画像 530-1
フラフープで遊ぶ




普通で良いのか~

またまた風邪記録ばっかりですが…
鼻水が出だしたのが6日頃なので、かれこれ20日にもなろうとしてます
長い

りくたんもまだ全快しないし、りんちゃんもぐったりなので今日はかかりつけの小児科へ。


ドクターいわく

『子供の下痢は長引くんだよ~ 1週間くらいはかかるよ。
害は無いから整腸剤出しとくけど~

二人とも数日ずれて同じ経過たどってるね~』

う~ん、二人とも抗生剤のせいではなくて巷で大流行中らしい胃腸風邪だったのかな?


D『ところで食事は変えてないよね?』

私『少し柔らかくしてます…』

D『普段どおりで良いから!まったく柔らかくする必要ないよ。むしろ回復が遅れるだけ。
  食べるんだったらどんどん食べさせて。
  最近の研究で、下痢は大腸の終わりの方で起こるから食べ物を変えても影響ないことがわかってるんだよ。』

ということでした!
ごはんに悩んでたけど、そういうことなら少し気楽に食べさせてしまおう~
まさか全く気にしなくて良いなんて思ってもみなかったです。
といっても完全に何でも…とはしないですが。


ただ、どれだけ食欲があって量を摂っていても多分消化吸収がされていないんでしょうね、りんちゃん激痩せです
もともと細かったのに皮が余ってあばらがくっきり、ますます骨皮筋衛門に…
きっと大分体重も減ってしまっただろうな。

りくたんも少し痩せたかもしれないけど、あまりにりんちゃんがげっそりしてしまって心配です。

元気の無いときって『ジョイントマット剥がし』もしないんですよね…
※元気なときの参考画像
画像 517-1

毎日毎日、いたちごっこな感じで剥がされては直し剥がされては直し、すごくイライラするしストレスがたまるのでもうやめようかと思っていた位なのですが、いざ二人とも大人しくなってしまって全く剥がされなくなると逆に寂しいもんです

本当に、早く元気になって!!
そして思う存分剥がしまくれば良いさ~

りんちゃん人生初 発熱!

今回の風邪はようやく終息に向かっていると思っていたのに!


今朝になってりんちゃん発熱…

人生初の発熱はいきなり38.5℃越え
昨日あ~んなに元気だったのに、どうして

仕方なくまた耳鼻科へ

中耳炎?と心配していたのだけどそうではないらしい。

でも熱が心配なので、とまた新たな抗生剤(三種類目!!)を処方されました。

りくたんは2種類目の抗生剤が合わなくて下痢になったと考えられるので今後はシロップのみ。


その後日中一旦39℃を越えたものの、夜寝る前には37℃台まで下がり…
ところが今度はりんちゃんが下痢に!
りくたんもまだまだ治っていないので、ダブルパンチです


三種類目の抗生剤が合わなかった?
そもそもりくたんも抗生剤のせいじゃなくて伝染性の胃腸風邪だったとか?


熱と下痢でグッタリと一日中うつうつと寝てばかり、時々弱弱しく泣く…という感じで見ていて本当に可哀想で

でもそれでもごはんは食べたいらしく、ハイチェアに座らせると少し元気が出る様子。
数ヶ月前、あまりの食べなささに悩んでいたのが嘘みたいです。


ところで、おなかを壊したときのごはんに悩みます。

もう離乳食という形態ではないものの、大人用とは別に作っているので脂っこいものをやめたり刺激をなくす…というのは簡単なんですが、消化しづらい食材を避けるとワンパターンになってしまいます。

ABCD(Aりんご Bバナナ Cにんじん Dだいこん)が良いらしいと聞いたのでそれ中心のおじやばっかり

まあ、仕方ないかな。もうしばらくの我慢よ二人とも!



長引いてますね~今回の風邪は

今はまだ良いとしても、仕事復帰してこれでは…先が思いやられます

これまで病気らしい病気をしてこなかったこともあり、保育園入園後どんな子でも半年くらいは休みまくると聞くのでそっちの意味で慣れさせるために一時保育を利用している部分もあり、思惑通りといえなくもないんですが…

やはり辛そうで元気の無い子を見るのは辛いし、可哀想ですね。








そういえば、ここ数日二人の風邪をうつされて私も鼻が辛かったりします
花粉症だと思っていたけど、そのせいだけではないようで。

これだけ密接に関わっていたらうつってもしょうがないですね~

みなさまもどうぞお気をつけくださいね

こんなに大変とは

相変わらず鼻水が止まらない二人

一応、先日薬を変えてもらったのが効いたのか良くなっている感じではあります。


…が!!

今度はりくたんがひどい下痢…
オムツからモレモレで、着替えやら洗濯やら掃除やら、ちょこちょこ水分摂らせたり鼻水吸ったりで一日中てんてこ舞いです

新生児期のユルユル時代はともかく、それ以降こんなにモレモレになることはなかったのでかなり驚きました。

子供の下痢って大変なんですね…
知らなかった…


さすがのりくたんも少し食欲が落ちているかな。
それほど機嫌は悪くないけどお昼寝の時間も長いしあんまり活発に動かないです。


とりあえず、抗生剤が合わなかったかもしれないので投与を中止。
鼻かぜ用のシロップのみ飲ませていて、明日また病院行ってきます。

一方のりんちゃんはかなり鼻水も減って、元気いっぱい!
あと一息かな☆

画像 481-1
真剣にスプーン頑張るけど…難しい

画像 463-1
うつらうつら…
画像 465-1
かくん…

いつの間にかオモチャカゴに入っていることが多いりん。今日はその中で寝てました

保育園

金曜日に保育園の結果通知が届いて、この週末ず~っと落ち込んでおりました…

と書けば、

「ああ、入れなかったのね…」

とお思いになるでしょうが、違うんです。

無事二人とも4月から保育園生です


ただし 『第二希望』 の…


このご時世、しかも待機児童数百人の自治体に住んでいて入れてもらえることだけでありがたいし贅沢を言う立場ではありません。だけど、どうしても第一希望の園に入れたかったんです。とても気に入っていて信頼している園だったので、本当に心底残念です

○第一希望は徒歩3分だけど、決まったのは車で5分のところ。
 一般的に言って決して遠くはないと思うけれど、ペーパーの私にしてみれば毎日の運転は恐ろしく苦痛
 しかも、毎日毎日第一希望の園の前を通って送迎することになるのも悔しい。

 車に関しては、今回もし認可保育園がダメだったら4月と7月に新規開園する園に申し込むつもりだったし、そうなれば5分どころの距離ではなかったのですが…
運転はできるほうが良いに決まっているので、これをいい機会だと前向きに捉えたいのですが辛いものは辛いです。



○見学させてもらったり職員の方を話をさせていただいたり、立地条件以外の環境や設備・運営方針などを総合的に考えても、第一希望より第二希望の方が優れている点が今のところ何一つ見つけられない。


そんなに嫌なら申し込まなきゃよかったのにと言われそうですが、さすがに第一希望のみで申請する度胸は無かったのです
第二・第三にははっきりいって預けたくなかったのですが、かなり募集人数が少なくて第一がダメな状況ならそちらもかなり難しいだろうと勝手に思い込んでいた部分がありました。

ただ、第一希望は一時保育やいろんなイベントで既に何度かお世話になっており親しみがある為に好意的に見ている可能性が高く、実際には第二もそんなに悪いところではないかもしれないのです。でも、現時点だと少し気になる点につい目が行ってしまって、良いところに気づけていません。

復帰自体を諦めるつもりが無い以上、ここはとりあえずこの園に入園して、市には転園希望を出し続け、いつか巡ってくるかもしれない転園のチャンスを待つしかないと思います。




それから、落ち込んでいたのにはもう一つ理由が。

いざ復帰が現実的になると、子供達と離れるのが寂しくて、悲しくて…

あれだけ一人の時間が欲しいとか言っていた割に…という感じですが。

「こんなに可愛い子をあんな保育園に預けたくない…」
(第一希望に入れなかったことが拍車をかけてます)


ちなみに、保育園に通う事は子供達にとって良いことだと確信しているのでその点を「可哀想」とは決して思っていません。
私みたいな出不精な母親と毎日こもりがちに過ごすより、外で思いっきり遊ばせてもらえるし刺激も沢山あるだろうし、習い事代わりともいえる色々な経験もできそうです

仮に仕事を辞めて幼稚園に入園させるまでとなると、あと丸2年も私が付きっ切りであれこれ相手をしなければならない。
そういった方面が得意なママさんならいざ知らず、こんな何でも吸収する素晴らしい時期に私が教えてあげられることって限りがあって途方に暮れてしまいます。
満足に外遊びもしてあげられていないこれまでの生活を振り返ると、これがあと2年も続くなんて…というのが正直な気持ちです。

病気をもらいやすかったり辛い事もあるとは思うけれど、プラス面がたっくさんあると信じています

そんなわけで保育園へ入れることは納得の上で、私自身が寂しさを感じているだけです


実母には
『だから言ったじゃない』
と言われ…
(産休前から、「3歳までは親がみるべき」「その時になったら離れがたくなるよ」と言われていたので。思えば私も妹も4月生まれでしかも2年保育だったから、母はほぼ5歳になるまで手元に置いて育てたわけで…それもスゴイなあ。)

夫を保育園に預けて仕事に復帰した経験を持つ義母には慰められ、励まされ。

職場の先輩に報告がてら散々話(愚痴)を聞いてもらって…

実際に預け始めるまでまだ1ヶ月以上あるというのがまた、どうでも良いことを考えてしまう原因です。
仕事に戻ればそんなこと考えている暇はないでしょうに。

人に預けるのに寂しさを感じない母親はいないですよね。


だけど、私が迷ってたり不安がってばかりいると子供に良くない影響がありそう。

早く前向きに気持ちを切り替えて、

「保育園は楽しいよ!通えて嬉しいね!」

みたいなテンションで準備できるといいんだけど…。はぁ…

薬変えてもらったけど

昨日またまた耳鼻科に行って、相変わらず鼻水が止まらないので抗生剤を変更。
これが効くと良いんだけど…

鼻水以外は問題がなく元気なので、久々に外で遊びました
画像 496-1
このブランコは見てると相当怖い…
画像 490-1



画像 500-1
すっかり滑り台のトリコになったりくたんですが…

画像 498-1
なぜか逆向きになるとダメらしい。


…などと寒い中で楽しんだのがいけなかったのか、夜にりくたんがまた発熱
37度台後半という大した熱じゃなかったけど、鼻がやはり苦しいらしくご飯が食べ辛そう。

二人とも食欲があるのが救いです。
早く良くならないかな…

オリンピック

一番楽しみなのはやっぱりフィギュアなんですが、今回はカーリングもおもしろく見てます
見ているうちにルールが分かってきて、はまりました

頭が良くないとできないスポーツですね(どんな競技もそうか…)。

日本代表の4人の選手はみんな綺麗で可愛いし
(リンクの白さでレフ版効果か!?)

他の競技も含めて、選手達の技術にも感嘆するけど何より『ずっと努力し続ける』ことをとにかくすごいと思いますね…
運動音痴で飽きっぽい私からみたらそれこそが『才能』ですよ~



そういえば、1年半前の北京の時は管理入院中で、病室のテレビで観戦してましたね~
無理やり入院させられたけど体調には問題なかったので、他にもゲームしたり本読んだりとやりたいことが多すぎて、忙しくてしょうがない入院生活でした。

生まれてくる子になにかオリンピックに関係する名前をつけようか?と夫に言ったら即刻却下されたのを思い出します…

画像 450-1
歯磨きの時は相変わらず抵抗しまくりのりん。
一時の思いつきでオリンピックにちなんだ名前にされなくて本人も喜んでいることでしょう。

少し慣れた?

今日は私が職場の研修だったため、りんりくは2度目の一時保育でした。

風邪が完全には治りきっておらず(すごく元気だけど鼻水がまだ出る)前回より時間も長いので少々心配したのですが、今回も大丈夫だったようです

8時から15時半までだったので、午前のおやつ&お昼&午後のおやつ そして3時間に及ぶお昼寝…

食っちゃ寝食っちゃ寝してますな


メニューご紹介

午前のおやつ(9:10)  ねじりせんべい 麦茶
お昼    (10:58)  軟飯 すまし汁 かじきとさつまいもの中華風炒め 春雨サラダ りんご
午後のおやつ(15:20)  肉まん 麦茶


美味しそうですね~
りくたんは全て平らげ、りんちゃんもお昼のすまし汁を少し残した以外は全部食べたそうです

おやつの肉まん、りくたんははじめ全く食べようとしなかったようです。
慎重に観察した挙句ポイしたとか。
でも一口食べさせたら美味しさが分かったらしく、ようやくパクパク食べ始めたらしいです。
家でも元々りくたんはあまり自分から手を出して食べないのですが、食べさせた事が無かったので初めて見る肉まんに警戒していた模様です。


ところで、2週間前とお昼のメニューが全く同じ。
2週間単位で繰り返してるのかな…??

っていうか、まだ軟飯なのね?

我が家ではもう数ヶ月前から普通飯にしちゃってますが(ある日突然面倒になり…)。


そうそう、今日はりんちゃんが長い時間きちんと椅子に座って食べられました!と保育士さんが言ってくれました。
良かった~

迎えに行くと、りくたんは「はっ」とした表情で私の所にさっとやってきて、くるっと向きを変え膝に座ってきました(りんちゃんは寄ってすら来ず)。

二人とも私のことなんかすっかり忘れて、今日も見事な馴染みっぷりでした


画像 435-1
今日も今日とてコロコロ中。

画像 448-1
よくこんな体勢で寝られるね?(完全に座ってました)

圧力鍋

悩んだ挙句、圧力鍋は『ルミナスプラス』の片手鍋4.5ℓを購入しました

ルミナスプラス
(画像お借りしました)


とにかく『怖いもの』だと思っていたので取説を3回通して読んでから初チャレンジ

無事さつまいもを蒸すのに成功したのでその後りんごを茹でたりビーフシチューを作ったり、なんとか使えるようになりました

まだおそるおそるではありますが、想像より怖くなかったし大丈夫そうで一安心…
意外とお手入れも手間じゃなくて良かったです。

もっと早く買って離乳食作りに活かせば良かったな~

残念!!

市に応募した、電動自転車のレンタル…

見事抽選にハズれました~

がっかり~… しょぼ~ん

通知によると、150台に対して353人の応募だったんですって。

ってことは、2.35倍…

私、昔からすごくクジ運悪いんですよね~

だからこそ、双子を妊娠したとき『4パーセントの確率』と言われていたので信じられなかったんですが、そこで一生分の運を使い果たしたのかもしれません

あっ、でも数年前、出席した結婚披露宴や二次会で何件か立て続けにとっても素敵な景品が当たった記憶が

人生の中でクジ運にも波があるのかも


今回はとても残念でしたが、多分コレは、いい加減腹を据えて車を運転しろという啓示なんでしょう…



それよりなにより、この通知の封筒を見たとき、発信者が保育園関連の部署と同じだったので思わず息を飲んじゃいましたよ

ありえないんだけど、まさか一週間早く選考結果送ってきた  って

画像 414-1
メリーを分解するようになった二人。
台座をりんちゃんが持ち、回る部分をりくたんが持ってます…

結局なんと言われても

今日も午前中に耳鼻科へ。

薬が多少効いている様子はあるもののまだまだ完治は先だろうな~って感じです。



さて、今日びっくりしたこと。

待合室でおばあさんに声を掛けられたのです。

おばあさん『どうして子供さんを連れてきてるの?』
私    『??? ウチの子の場合は風邪ですが…』
おばあさん『そういうものなの?子供も耳鼻科にくるのね。
      風邪で先生に鼻を吸ってもらったりするの?
      昨日も今日もすごく沢山子供が来ていてびっくりしたんだけど。
      子供はそういうの嫌がって泣くのかしらね?』
私    『…そうですね…』

と、別に悪気は無いんでしょうが、なんだかしつこく耳鼻科にかかる理由を聞かれたので思わず『おかしいですか?』って言い返してしまいましたよ(それでもまだ終わりにしてもらえず、しばらく付き合わされましたが)。

大人より中耳炎とかになりやすいし、子供が耳鼻科って普通だと思うんだけど…
それに聞こえの問題もあるし。

そもそも私はどんな科であれ病院で他人に気安く病状を聞いたりすることは絶対してはいけないと思っているし(言いたくない、聞かれたくない場合もありますよね?)、他の患者さんがどういう理由で受診しようと関係ないのではと思ってしまいました。

おばあさんにとっては耳鼻科は…補聴器の調整をしてもらうところ?
それとも季節柄花粉症でもないのに、って意味??
子供は何でも小児科、って思ってるのかな?(だって小児科じゃ吸引してもらえないし~)
土曜日で混雑していたので嫌だった、あるいはウチの双子が診察室でギャン泣きしていたのでご迷惑だったのかもしれません。スミマセン


よくわからなかったのですが、とにかくそのおばあさんにとって耳鼻科に子供がいることは理解しがたかったようです。

いろんな人がいますね。



それはともかく、そういえば昨日も同じ待合室で年配の女性に話しかけられたのを思い出しました(先述のおばあさんとは全く別の方)。

まあ双子定番のアレコレを話した後、
『もう楽でしょうね~ 良いわね~』と。

えええ???
もう 楽、って言われるのは初のパターンです!

他の多くの双子ママさんと同じで、私も『双子なんて大変ね』って言われるのがあまり好きではありません。
実際大変なのは事実なのに人に言われるのはなんとなく嫌。
あ、通常の会話では全くなんとも思いません。そうなんですよ、って答えます。
多分考えすぎなんだけど、言外に同情とか憐れみを感じてしまうと不愉快なんです…

大変なばっかりでもないし、「双子だから」というよりは子育ての大変さという、お子さんがいる人共通の苦労がほとんどなわけで。

でも、かといって『楽ね』と言われるのもなんとも…
普通以上に楽してるつもりはないのでねぇ…

結局はどんな風に言われてもいい気はしないことが判明

つまり、うちのことをよく知りもしない赤の他人に何か言われることは内容に関わらず
『勝手なこと言ってくれちゃいますね
的な感情を抱いてしまう天邪鬼な私でした


画像 391-1
りんちゃん一人遊び中。(足はそれで良いの?)

画像 402-1
りくたん読書中(パパにより洗脳中)

耳鼻科に行ってきました

症状が鼻水だけなので小児科ではなく耳鼻科へ行ってきました。

幸い中耳炎にはなってないとのことで一安心…

耳のお掃除、鼻水の吸引、薬を吸入して、薬をもらって帰ってきました。

風邪でしょうということだったけど、毎日でも来れる範囲で来て吸引したほうが良いよと言われ

今日は夫に出勤を遅らせてもらって朝一番で(文字通り1番で予約を取った)受診、明日は土曜だから行くのはいいとして、来週どうしようかなぁという感じです。一人で連れていかれないこともないけど、診察の際親がまず診察台に座って子供を羽交い絞めにして、という状態なので一人診てもらう間もう一人はずっと誰かにお願いしなきゃいけないです




画像 362-1
記事とは全く関係ない話です。
ようやくツイントライアンフに「指はさみ防止カバー」をつけました

「マクラーレンのベビーカーで指切断多発、アメリカでリコール」というニュースが出て日本でもカバーが配られることになりましたが、私は正規代理店ではなくネットで並行輸入扱いのお店から購入していたのでカバーは入手できそうもないな~と思っていたんです

ところがたまたまそのお店のHPを見ていたら、購入時期と品名などをメールで送ればすぐ送ってくれると記載が!

正しく使っていれば問題ないといわれているけど、用心するに越した事はないですもんね…

マクラーレンのマーク入りとはいえ、やっぱり少し不恰好な気もしますが

う~ん、反省。

二人の鼻風邪、一向に良くなる気配なし

眠れているし、熱もない(すぐ下がった)し、機嫌も良いし食欲もあるし、何より元気に動き回ってるので今回の風邪では病院に診せていなかったのです。


私一人で二人を連れて行くのが大変、というのもあり…

でも…
苦しそうでご飯が食べづらそうだし、多分鼻水のせいなんだけど咳き込む事があったりして可哀想だし、やっぱり早めに行けばよかったかなぁ。
今日が祝日なのは分かってたんだから…

数ヶ月前に鼻風邪で診せたとき、薬が出たけど医師は「相当苦しそうなときだけ飲ませましょう」という感じだったこともあってあまり薬に頼る事は考えてなかったんだけど、一時的にでも楽にしてあげられるならその方が良いのかも。
体力の消耗が抑えられるだろうし。


長引いたら中耳炎を疑いましょう~というし、もう5日も鼻水出続けてるんだし、やっぱり明日こそは行こう!
ただ、今夜は雪になるというから明日のお天気(&路面の様子)が心配…

画像 393-1
大分前に買ったオモチャが、今になって日の目を見ることが。
買うのが早かったってことなのね~

カワイイ…

近頃NHK教育の幼児番組にハマってます。

色々見るけど、「みいつけた!」もかなり好き。

4月に発売されるらしいんだけど、可愛くないですか~?

コッシーコッシー
サボさんサボさん
スイちゃんスイちゃん
(画像はお借りしました)

風邪 その後

りんちゃんも遅れて発熱するかな?と思ったけれど上がらず。

二人とも、鼻タレだけれど元気いっぱい遊びまわっております…

私はひたすら垂れてきたのを拭き、「ママ鼻水トッテ」で吸いまくり、とにかく部屋を加湿、です。

りくたんは「吸われるとラク」ということに気づいたのか全く抵抗せず(むしろ協力的)に吸わせてくれるのですが、りんちゃんの暴れっぷりは相当なもので、毎回大泣き→また鼻水出る の悪循環

画像 378-1
嫌がらないりく

画像 381-1
必死でのけぞるりん


二人とも食欲は旺盛なんだけれども、鼻が苦しいせいで食べるのがすごく辛そう
いつもの倍ぐらい時間がかかります。

早く良くなるといいね…

スイスイおえかき

画像 357-1

画像 356-1

ペン先を舐めたりしてるけど、それなりに楽しんでる様子。
先日ベビーコロールで書かせてみたりしたけど、紙そのものに興味があるらしく破ってばかりだったので、まだ早かったかな~と思い、しばらくはコレで遊んでみることに

ついにやってきた

りんりく、これまでの風邪経験。
鼻風邪3回、のみ。

1歳5ヶ月になりましたが、ここまで熱を出した事がありませんでした。
突発もやっていないし、これといった病気はしたことがないのです。

が、先日の一時保育で風邪をもらってきたらしく…

りくたん、人生初の発熱です

といっても食欲はあり、土曜から鼻水が出るけど寝起きにちょっと愚図った位で基本的に機嫌も良く、夕方に出した38.0℃をピークに、何もせずともすぐ下がったのでたいしたことはなさそうです。

りんちゃんも鼻水はすごいけど、今のところ熱は出ていません。



保育園に通いだすと、もちろん人によるけど最初の半年くらいはかなり休みがち、といいますよね?
可哀想だけれどある程度風邪などを経験して免疫をつけて強くなるしかないと思うんです。

ここ半年くらいは集まりや遊び場に積極的に(私にしては)顔を出して、むしろもらってしまえ!という強気な態度でいました。私が専業主婦で比較的落ち着いて看病ができるうちに少々風邪をひくのは構わない、と。
勿論病気のリスクが頭をよぎるけれども、ヒブ、おたふく、水疱瘡、新型インフルの予防接種もしたし、ここは覚悟を決めて…

ところがここ数ヶ月、二人は見事に元気いっぱい
いえ、元気なのは大変良いことなのですが、嬉しい反面
「この調子だと保育園入れたとしても入園したとたん病気続きでまともに通えないに違いない…
とも考えていました。

なので、一時保育で風邪をもらってくるのは想定どおり…

やはり、保育園は感染源としては強力なのですね

鼻が苦しそうで見ているこちらも辛いけれど、二人とも、こういうのを乗り越えて段々逞しくなっていくんだよ…
頑張って!

夜も眠れない

寝つきが良くて、どこでも眠れるのが特技だった私が…
そう。オーストラリア行きの飛行機が悪天候で飛ばなくなって空港で一晩明かした時もベンチ&寝袋でしっかり寝た私が…

最近眠りが浅くて夜中によく目が覚めるし、そのせいか何時間寝てもすっきりしない…

昼寝できるような、よっぽど暇でイロイロ順調な日ならまだしも、普通はなかなかそうもいかないのでちょっと疲れがたまってきた感じです


産後、授乳が3時間置きだった頃なんかは勿論細切れで寝るしかなかった(二人の時間をずらしてたから2時間以上続けて寝られなかった)けどそもそも出産後半年までの女性は寝なくても死なない体なんだとか(本当に!?)いうし、そうこうしてるうちに4ヶ月位からりくたんが夜続けて寝てくれるようになったため、夜中はりんちゃんのためだけに3時間置きに起きればよくなって、大分楽になったのでした(双子じゃなかったらこんなに楽なんだと思ったもんです)。

その後りくたんが夜中に起きるようになったりもしたけど、今度は逆にりんちゃんが寝てくれたり、なんだかんだの末1歳前には二人とも朝まで起きなくなって、一応二人の様子が気になるから妊娠前に比べれば眠りは浅いものの、自分のペースで寝られるようになっていました。




…それなのに、近頃安眠できない原因…
思い当たるのは唯一つ。

『4月に保育園に入れるか=仕事に復帰できるか』

という悩み、です


保育園の結果が出るまでまだ2週間程あるので、確実に少なくともそれまではモンモンとする日々が続きます
めでたく内定できればそれで今後の方向が定まるのだけれども、もしダメなら、急いであれこれ動かなくてはいけない(そして仕事を諦めなければならない可能性も高い)。

あぁ、まったく胃に悪い~

受験の発表を待つ感じ?
いや、受験のほうがもっと冷静に待ってたかも。

高校は(神奈川のア・テスト世代なので)当日ちゃんと受けに行けばほぼ間違いなく合格だったし、大学は自分の手ごたえである程度予測できて、実際結果も予想通りだったんですよねぇ。

しかも、受験は自分の努力が反映される余地があるけど、保育園の入園順位なんて結局はコネだとか公務員が優先されるとか担当部署に日参して訴えた者勝ちだとか、本当かどうか怪しい噂もあるけどダメだったときにその理由が開示されるわけじゃないから本当のところが分からず疑心暗鬼に…

あと2週間、もしかしたら、それ以上?
早く過ぎて欲しい気もするし、結果の封筒を開けるのも怖い。
でも、そろそろ限界です。辛い…

今悩んでも仕方ないのは、重々承知なんですけどねぇ。


そういえば、我が市はもうすぐ市長選がありまして。
現職市長も出馬していて、先日一時保育のお迎えで保育園入口にいた時、ちょうど選挙カーが通りがかったんですよ。

『待機児童解消を目指し、こんなことやあんなことをしてきました!』
みたいな演説をしながら通っていく選挙カー…

待機児童解消の為にした施策を次々と高らかに力説する現市長。
市長からみれば、私はどうみても保育園に子供を通わせてる親なんだろうな~。

『アンタそうはいうけど、実際問題ウチはどうなるの?入れてくれるわけ?』
って詰め寄って聞けばよかった(冗談です)。

確かに保育園も来年度から増えるし、何もしてくれないとは言いません!
だけど個々の家庭にとってみれば自分の所が入れるかどうかが全てなんですよ、市長さん。
市長選は保育園の結果通知が届いた後なので…ね。




母の悩みなんか知る由もなく、りんりくは今日もご飯を食べてます。
画像 344-1
ご飯(お米)大好き!!ママ遅いから手づかみで食べるよ☆

画像 343-1
おいらは食べさせてもらう専門なので一切手出しませんよ! ママ早くちょーだい☆

おひなさま

雛人形、出しました。
『初節句は早くても良いけどその後は節分の後に出すもの』らしいので一応それにしたがって…
でもそれだと1ヶ月しか飾れないですよね~

画像 337-1

手前のソファーに座らせたつもりだったのに何故かコロンと後ろに転がり、後頭部をしたたか打ち付けて機嫌の悪いりんちゃんです。
ママ的には、咄嗟にりんちゃんの頭より雛人形(の台)を心配。壊れなくてよかった

もちろんこれは「りんちゃんの」なのだけど、自分の(実家にある)よりよっぽど思い入れがあって早く飾りたかったです。実家のは子供の頃私と妹が取り合うのを回避するためか母が「自分のだ」と主張してたのもあって、全然自分のという認識もないし…

去年かなり悩んで選んだので、私にとっても宝物。
おひなさまを出すのって、女の子産んで良かったな~ と実感する瞬間です。
あと数年して、りんちゃんと一緒に出したりするのも楽しみです

プロフィール

minaseaki

Author:minaseaki
2008年9月1日、女の子と男の子の双子を出産しました。
二人の可愛い寝顔に癒されながら、わからないことだらけの育児に挑戦中です。

双子との生活と日常の出来事をとりとめなくつづります。

お気軽にコメントください♪
リンクも大歓迎です☆

二人は…
☆りん☆
☆りく☆
カレンダー

03 ≪ 2017/04 ≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
グーバーウォーク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ランキングに参加しています ↓よろしければ1クリックお願いします

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。